メイク法

顔よりも重要な手のアンチエイジング

実は良質のコラーゲンやプラセンタをたくさん取るようにして水仕事やお風呂の掃除の時などはどんなに面倒でも必ずゴム手袋をして薬品を手に絶対に浸透させないようにしましょう。
食器洗いの洗剤やカビ落としの薬品などは強く手が荒れるとありますがそれは裏を返せば薬品が手につくと、手が老化してしまうことにつながり毛穴から薬品が浸透し綺麗できめこまかい肌を破壊していってしまいます。
それから手は水分を失いやすいので、適度にクリームなどで保湿するなどをしていたわってあげるようにする方がアンチエイジング効果もあり、いつまでも若々しいふっくらした女性らしい手を保つことができます。

そして寝る前とかでもハンド用の手袋などもありますのでクリームを塗った後にそういったものでケアしてあげることもとても大切ですね。
若い女性は良いのですがある程度の年齢なってくると目に見えて出てきますので早い段階のケアはとても大切でできれば顔のケアばかりでなく、普段からきちんとお風呂掃除などに水仕事にはゴム手袋を使い、寝る前にはハンド手袋でしっかりとアンチエイジングケアしてあげるようにすることが大切です。
このように自分では気がついていないほどに、人は手が見えるだけでも年齢を感じさせてしまいますので、顔だけでなく手にも気を使ってアンチエイジングケアしてあげるようにしましょう。